●そこに?(驚き)と!(納得)はあるか。

Webサイトを構成するさまざまな要素。タイトル、キャッチコピー、リードコピー、メインビジュアル、テキストデータ、ボディコピー。 その語り口や見せ方に、?と!はありますか。 例えば写真。よい写真は単なる絵ではなく、言葉を越え迫力あるメッセージを伝える「美的表現」にもなりえます。普通の写真も画像加工すれば「なんとなくきれい」な写真にはできます。でも、気迫あるメッセージ、心奪うインパクトは、オリジナルの写真が持つ力です。 ネット通信販売では、写真のクオリティが購買を大きく左右します。同じ商品でも定価でどんどん売れたり、値下げしても全然売れなかったり‥。特にファッション、食品の通販などでは写真の質を重視してください。

●アイディアこそ面白さ。

媒体としてのWebサイトの特性はいろいろあります。 
・情報を広く深く掲載できるメディアである
・情報を蓄積することにより、データベース的な使い方が可能
・利用者との双方向のやりとりが可能(インタラクティブ性)
・利用者が主体的に情報を選択するメディアである(検索サイト経由の利用者対策)
・利用者が自らの意思で、情報を選び、アクションを行うメディアである
など大きな特性があります。情報の更新がたやすくできますし、更新に関わる費用も低コストで対応できます。
しかし、ただ情報を羅列するのではなく、いかに目を引き、興味を引きつけつことができるのかが最大のポイントとなります。アイディアを盛り込んだ構成や語り口や見せ方に、?と!が必要となります。

e-design
  ●ご意見・お問い合わせはこちらからどうぞ。 Copyriht(c) e-de・sign. All rights reserved. 20150815